保育園・認定こども園等

嵯峨こばと保育園

2020.03.17

施設情報

住所 〒616-8375
京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1-36
電話番号 075-882-0843
FAX番号 075-882-0341
ホームページ https://sagakobato.com/
開園時間 7:00~18:30
園児定員 50人(内訳 1号:0人、2号:0人、3号:50人)
職員数 23人(男:2人、女:21人、20代:4人、30代:4人、40代:4人、50代以上:11人)
最寄り駅・バス停 市バス「野々宮」徒歩1分
開設年月日 昭和53年11月1日
常勤職員の平均経験年数 11年
キャリアパス 一般保育士→分野別委員長→サブリーダー→
リーダー(副主任保育士)→主任保育士
園の特色 四季折々に素晴らしい自然の営みを見せてくれる嵯峨野の地を、自分の庭のように散策する子どもたちの楽しそうな声が響きわたっています。
当園は、浄土宗法然寺を母体とした0~2歳児の乳児保育園です。幼いながらも掌を合わせて、ののさま(仏さま)にお参りをします。この園の名称“こばと”とは、小さな鳩の意味であり、元来、鳩は「鳩に三枝の礼あり」の諺もあるように礼儀深く、また平和の使者の表現として用いられるように、仲よく、かつ清潔で純白な子どもに成長してほしいという願望から生じたものです。
産休あけ保育により、入所の門を広く開けています。またアレルギー児の保育にも取り組み、園内でアレルギー除去食を作っています。『誰もが安心できる食生活を考えよう』『葉先から根の先まで丸ごと食べよう』『あわ・餅粉等、昔からの素朴な食材にも目を向けよう』といった目標を持ち、給食・手作りおやつに力を注いでいます。
かけがえのない、たった一つのいのちが人間らしく育つ道筋の中で乳児保育園の役割を考えた時、まず第一に保護者の方々が可愛がる事を絶対条件にして、保育園で年齢に合った生活リズム、友だちや仲間への関心、この両方が子どもの成長にとって大切であると思います。
誕生日を迎える頃に、よちよち歩きだす子どもにはついつい拍手を送りたくなります。しかし歩いたという結果への拍手だけでなく、その過程を見つめ、尻もちをつきつつ懸命に前進しようとするその行為に拍手を送るべきではないでしょうか。子どもの発達には、結果以上にその過程が重要だと思います。
自然の木の葉や実・石を用い、土や水で遊ぶ人間本来の姿を大事にし、自分で遊びを発見できる元気でたくましい子どもに育ってほしいと念じています。
園長からのメッセージ 当保育園では「あかるく,ただしく,なかよく」をスローガンに子どもたちが伸びやかに、健やかに過ごせる環境づくりを心掛けています。

嵯峨の自然溢れる場所で子どもたちの成長の一助になることを皆さんにもご協力頂けたら幸いです。
アクセス

Google Mapで見る

運営法人

法人名 社会福祉法人 明照福祉会
成立年月日 昭和53年11月1日
代表者 理事長 永樂 善五郎
住所 〒616-8375
京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1番地36
運営施設 保育園1箇所(京都市)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る